口腔外科|芦屋浜風のはいしゃさん 神田歯科|芦屋市浜風町の歯医者・口腔外科

〒659-0032兵庫県芦屋市浜風町3-5
0797-34-3363
WEB予約
ヘッダー画像

口腔外科

口腔外科|芦屋浜風のはいしゃさん 神田歯科|芦屋市浜風町の歯医者・口腔外科

口腔外科について

口腔外科

口腔外科は、口腔(口の中)、顎(あご)、顔面に現れる疾患を対象とする診療科です。親知らずの抜歯や、唇や歯茎、舌にできた「イボ」の切除、三叉神経痛に代表される神経疾患や交通事故やスポーツなどで生じた外傷なども治療対象としています。また、お口の中にも「がん」ができることはあまり知られておりませんが、舌や歯茎に「がん」ができることもあります。がんと良性腫瘍は見分けが難しく、歯科医師でも誤診することがあります。口腔がんもほかのがんと同じで早期発見、早期治療が鉄則です。大学病院で様々な「がん」を診てきた経験から、日ごろから見落としがないように歯だけでなく歯茎や舌も診るように心がけております。

口腔領域には歯が原因となるものから、がんまで様々な疾患が発生しますが、こうした疾患を扱う口腔外科は、お口まわりの病気のプロフェッショナルでもあります。親知らずが気になる、顎が開かない、口の中が痛い、膿がたまっているなどの異常が認められたら、お気軽にご相談ください。

このような症状がある方はご相談ください。

  • 親知らずのあたりがなんとなく気になる(疲れた時に重たい感じがたまにする)
  • 腫れている
  • 噛んだときに痛い
  • 口が開かない
  • 顎がかくかく音が鳴る
  • 頭痛や肩凝り、首筋周辺に異常がある
  • 耳鳴りや難聴など、耳周辺に異常がある
  • 歯が欠けている
  • 転んで口の中から血がでている
  • 顎の骨折や外傷
  • 口内炎が長引いている
  • 唇顎口蓋裂などの先天異常
  • かみ合わせがおかしい
  • 全身的な疾患があり歯の治療への影響がわからなくて怖い
  • 血液の薬を飲んでいる
  • 骨粗しょう症の薬を飲んでいる
  • 舌の痛み、味覚の異常、口の渇き

日常的に起こりやすい症状でも、詳細な検査を行うことで重大な病気の早期発見につながることもよくあります。お口まわりで気になることがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

口腔外科の主な病気と治療

親知らずの抜歯

私は大学病院に勤務していた期間が長いことから必然的に難しい抜歯を引き受けることが多く、たくさんの症例を経験させていただきました。特に親知らずの抜歯は患者さんに身近な処置で、すでに経験された方も多いのではないかと思います。中には痛みと不調が続くといった苦い経験をされた方もいるのではないでしょうか。

当院ではCTを撮影しより安全にまたスピーディーに抜歯を行っています。また、痛みに配慮した抜歯をおこなっているので、処置後には皆さま比較的安心して帰られます。また、抜歯後の出血や感染などの対応も責任をもって行います。

「親知らず」は、奥歯の一番奥に生えてくる永久歯で、「第3大臼歯(だいきゅうし)」とも呼ばれています。一般的に生えてくる時期は10代後半から20代前半ですが、まれに30~40歳頃に生えてくる場合もあります。

はじめから「親知らず」がない方や上下左右の4本が揃っていない方など、個人差があります。また、まっすぐに生えてくるとは限らず、斜めに生えたり、埋まったままだったりすることもあります。

「親知らず」は、必ず抜かなければならないというものではなく、痛みがない場合や周りの歯や歯列に影響がない場合は、無理に抜く必要はありません。抜歯が必要な症状としては、「歯ぐき(歯肉)の腫れや痛みを繰り返している」「頻繁に食べ物がつまる」「手前の歯や『親知らず』が虫歯になっている」「『親知らず』が他の病気の原因になっている」などが挙げられます。

抜歯は、周囲の神経や太い血管の確認が必須となります。歯科用CTで「親知らず」を立体的に把握し、神経や血管の位置を考慮しながら行います。当院では日本口腔外科学会の認定医である院長が歯をそのままにしておくデメリットと抜歯したときのメリットなどを説明し、抜歯のご希望があれば当院で抜歯させていただきます。ただし、出血のリスクや神経損傷のリスクが高いときは大きな病院を紹介させていただくこともありますのでご了承ください。

「親知らずの抜歯」は、詳しい診察が必要となりますので、お悩みの際は気軽に受診ください

抜歯

一般的に抜歯は、虫歯や歯髄炎、歯周病などが進行し、歯の温存が不可能になった場合に行われます。近年の歯科医療では、可能な限り歯を残す潮流がありますが、一方で、抜歯を必要とするケースも少なくないのが現状です

無理に歯を残すことで、痛みが継続して残ることもあります。最終的な決断は患者さんとの相談で決定しますが、保存することをお勧めできない歯に関しては丁寧に説明しますので、納得の上で処置されることを望んでおります

多くは部分麻酔下で行われますが、入院し全身麻酔下で行うケースもあり、状態によって抜歯方法も様々です。また、血液疾患で出血が止まりにくい症例や他臓器の疾患の影響を考慮して、抜歯を避けるというケースもあります。

当院では親知らずだけでなく、全身疾患がある方の抜歯も万全の態勢を整えて行っています。

口腔粘膜疾患

口の粘膜(舌・頬・口蓋・口底・口唇・歯肉など)に、炎症や腫瘍、アレルギー症状などが出現する疾患をいいます。口腔内の粘膜は刺激を受けやすく、常在菌も多く存在しています。

そのため症状が変化しやすいという特徴がありますが、「腫れ」、「口内炎」、「変色部位」などを入念に診断し、適切な治療へとつなげています。

口腔内腫瘍

口腔腫瘍は、大きく良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。良性腫瘍には顎骨という硬組織に生じる歯原性腫瘍(エナメル上皮腫、歯牙腫など)、軟組織に生じる非歯原性腫瘍(乳頭腫、線維腫、血管腫など)があります。

一方、悪性腫瘍である口腔がんは、発生部位によって分類されており、舌がんや歯ぐきにできる歯肉がんが代表的です。

口腔がんの発生要因は数多くありますが、代表的なものは喫煙と飲酒です。喫煙者の口腔がんによる死亡率は、非喫煙者の約4倍といわれており、重度の飲酒もハイリスク因子と考えられています。不潔な口腔衛生状態やヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因とされています。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯茎・頬の粘膜です。中高年齢の方は、毎月セルフチェックを行い少しでも気になることがあれば、診察を受けることが大切です。

口腔がんのセルフチェック

  • 治りにくい口内炎や出血しやすい傷がある
  • 口腔内に盛り上がったできものや固くなった部分がある
  • 顎の下や首の脇に腫れがある
  • 食べたり飲みこんだりすることがスムーズにできない

上記のような症状がある人はすぐにご連絡ください。上記の症状は必ず出現するわけではありません。気になることがある人は遠慮なくご相談ください。安易なセルフで診断が遅れると治療が困難になってしまうこともありますので注意が必要です。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎の関節とその顎に関連する筋肉(咀嚼筋)の病気です。「顎が思い通りに動かずに、食べ物が噛みにくい」「顎を動かすとカックン、コッキンといった不快な音がする」「痛みで口が開かない」といった症状が認められますが、顎だけでなく、片頭痛や肩こり、腕や指のしびれ、鼻や耳にも不快感が生じることもあります。

原因としては、ストレスを含む精神的な要因、噛み合わせの異常、夜間の歯ぎしりやくいしばり、頬杖(ほうずえ)などの癖、解剖学的な問題などが考えられています。

症状は多岐にわたり、軽度から重度まで個人差が大きいという特徴がありますが、重い症状の場合、放置すると進行して顎の機能が破壊されてしまうこともまれにあります。症状があればお早めの受診をお勧めします。

顎顔面外傷(がくがんめんがいしょう)

口まわりや口内、顔面に負った外傷を顎顔面外傷といいます。歯の割れ・折れ・打撲・脱臼、口腔内粘膜の傷、顔の皮膚の傷、顎顔面骨の骨折などがあります。交通事故や転倒、打撲など原因は様々です。

顎顔面外傷は機能面の問題もありますが、外見面でも問題になることがあります。負傷箇所にもよりますが、早期治療によって両面とも回復が望めますので早めの受診が大切です。

顎変形症(がくへんけいしょう)

上顎骨や下顎骨、あるいは両方の形や大きさ、位置異常によって、顔面の変形や咬合不全を起こしている状態をいいます。通常の矯正治療で対応できない顎変形症は、外科的矯正手術が検討されることがあります。治療は噛み合わせの改善に重点が置かれます。

唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)

口腔と顎に発生する先天性の形態異常として、日本では口唇裂(こうしんれつ)や口蓋裂(こうがいれつ)が最も多いとされています。このほかに顔の一部も裂けている斜顔裂(しゃがんれつ)や横顔裂(おうがんれつ)があり、また、舌にも色々な異常がみられ、その程度は様々です。

治療は、出産直後から成人になるまで長期にわたります。口腔外科、矯正歯科、小児歯科、形成外科、耳鼻咽喉科、小児科などによる一連の総合治療が必要となります。